期間工ランキング

にほんブログ村
↑↑応援してくださる方はこちらをクリック・クリックだぁ( *´艸`)
スポンサーリンク

パチンコ・スロット出玉規制の裏側

はいどうも。

今日は元気になった はじめ です。

しかし、お金ない。

パチンコ・スロット・競馬に今月ほぼ突っ込んだから(;´Д`)

はぁ。

そんな依存症の貴方へ重大なお知らせが!!

出玉規制で、パチンコ・スロット依存症の人は辞められる?

パチンコでの話をします。

昔のMAXタイプは、400分の1で大当たりで確変が80%のハイリスク・ハイリターンはご存知ですよね。

牙狼とかの全盛期は一発当たればでかいというイメージでかなりぶっこみましたね(;´Д`)

しかし、そこに規制が入って、今の基準の320分の1で大当たりで確変が65%のミドルリスク・ミドルリターン

そして今回の規制は、300分の1で大当たり確変が時短込みで65%のミドルリスク・ローリターンという規制に変更になります。

そして毎回の規制でどんどん大当たりによる出玉は少なくなっています。

今回も漏れなく。2400発→1500発に規制(‘Д’)

しかし、今回の規制にて依存症の方はパチンコに魅力が無くなってパチンコを辞められるか?

という事ですが、パチンコ業界の方の話ではNOらしいです。

パチンコメーカーは新しい規制に合わせて色々な抜け道を模索して新しいシステムを導入したパチンコ台を発表します。新しい台が出れば、依存症の方は打ちたくてしょうがないですよね。新規の顧客は減るかもしれないが依存症の方は残り、その人が今よりもさらに負けるという形式になるだろうという事です。

また、パチンコメーカーは新しい台を開発してホールに販売することで利益を生みますので、パチンコメーカーからしてみれば今回の規制は旨い話らしいです。

小さなパチンコ店などは、新台を買う費用が出せずに客離れを起こして、つぶれてしまう可能性はありますが、小さなパチンコ店に行っていたお客を大型店が集客できるために、大型店舗は今後さらに増える見通し。

結局パチンコ屋も売り上げを作って、利益を出しているので新規の顧客が来なければ依存症の方から売り上げを作るしかないので、今負けている人は今後さらに負けてパチンコ屋にお金を落とすことになるでしょう。

とうパチンコ業界の人の見通し・・・。

けれども、依存症の方はなかなかやめません。

はじめ も、何度もやめようと思っても結局は辞めれませんでした。

(まぁ、今回は本気で辞めるどね)

依存症は病気なので簡単に治るものじゃないからね・・・。

そして良く思うのが、「いや、そんなことない!!今日は勝てるよ」って思います。

その考えが、依存症の人の欠点。

勝った時の快感が脳が覚えていて、その快感をもう一度求めてしまうために、お金をどんどんとつぎ込んでしまうらしいです。

この記事を書く前にネットで、集団(10人で乗り打ち)でAタイプで生活している人たちの収支を見ました。

1か月でトントンの人が5人、負けている人は3人いました。大勝している人は2人でしたが、最終の結果は、+308,000円でしたが(一番収支が低い月)一人当たり+30,800円ですよ。

どうやって1ヵ月生活するの?月30,800円てヤバくないですか?へたくそな集団だったかもしれませんが、1ヵ月ほぼ毎日スロットして結果+30,800円て・・・。

真剣にスロットしても勝てる見込みは本当に少ないんです。

だから言います。まぐれで今は勝つときもあるけれど、大体は負けるんですよ。

しかも、今回の規制の趣旨は「負けた分を取り返せる」という規制ではなく「負けた分は取り戻せないから諦めなさい、だからギャンブル辞めなさい」という趣旨だから!!(主観入ってます。)

だからパチンコ・スロットやめましょう。

本当に、辞めないと人生終わっちゃうよ・・・。

やるなら競馬だよ!!

(って、それもギャンブルやんか・・・・(;´∀`))

汗水たらして、頑張ったお金が消えていくのが本当に、悲しくないですか?

だから、お金は大切にしましょう。

じゃないと、 はじめ みたいになりますよ(T_T)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする