期間工ランキング

にほんブログ村
↑↑応援してくださる方はこちらをクリック・クリックだぁ( *´艸`)
スポンサーリンク

ネットオークション(フリマサイト)を使って収入を得る方法

ネットオークション・ネットフリマ

ネットオークションとは?

インターネット上のサイトで商品の競売(オークション)を行う事。

ネットフリマ(フリマサイト)とは?

インターネットを通じて出品者が定額(任意設定)で商品を出品し、サイト閲覧者に購入してもらう場所を提供するサイトの事。

(土日などに公園や大きな会場でフリーマーケットをしていると思いますが、それのインターネット版とイメージしていただけると分かりやすいです。)

ネットオークション・ネットフリマの利用者は2017年現在約4500万人とも言われています。(個人調べ)しかしながら出品者と落札者(購入者)の割合は、出品者側が落札者側に比べて圧倒的に少ない状態。
なので今のうちに出品者側に回ることで、落札(購入者)がより多く見込めます。

さぁ、手元にある、必要なくなったものを売ってしまいましょう!!

「こんなの売れるの?」という物も意外と高値で売れてしまうかも!?

まずは、身の回りの要らないものを出品して収入を得ましょう!!

実際に はじめ もオークションサイトで、今月は1万円ぐらいの金額は稼いでいます。家計簿を読んでくれている方は知ってますよね( ゚Д゚)

サイトの種類

皆さんご存知のヤフオクですね。

Yahoo!が提供するオークションの事です。

会員数・取引点数ともに日本最大級の大型サイトです。



モバオク、スマホ一つで商品を撮ってすぐに出品できるという、簡単さが受けて最近成長中のサイトです。


メルカリはフリマサイトです。最近までTVのCMで紹介されていましたね。定額で買えるため相手と競る事がないのですぐに購入できます。


楽天が行っているフリマサイトです。出品手数料は無料です。また、ポイントも使えるので、楽天関係のカードで買い物をする方には非常に便利な仕様になっています。


こちらも、フリマサイトです。CMで山田孝之さんが出演したこともあり、人気急上昇中です。


出品をする際の注意点

出品の仕方は各サイトでの詳しく説明したるので是非とも参考にしてください。

ここでは、出品の際の注意点をお知らせします。

自分の失敗談なども合わせてご紹介します。

価格設定

オークションで1円スタートは沢山ありますが、本当に1円で落札されても文句が無ければ良いですが、インパクトを狙ってのスタートで最終1円だったら悲しですね。

フリマに関しては、商品の落札価格の推移を見極めることが必要です。

早く売ってお金を手に入れたいという方は安売りをしても良いと思いますが、

まずは、価格の情報を制することが必要です。

こちらのサイトはオークションに特化したサイトですが、自分も使わしてもらっていますので

良ければごらんください。


発送料金の計算に必要な物

段ボールで発送する場合はサイズ・地域などによって料金が変わってきます。

荷物の重さや、大きさでも料金は変わりますので、メジャー・体重計は必要だと思います。

私も実際にメジャー・体重計を使用しないで目測で発送料金を計算していましたが、

大きく違ってしまう事も多々ありましたので、今は5kg測り・100均の1.5mメジャー使ってます。

商品の写真の質

これによって、かなり値段は変わってきます。新品の物ならば良いのですが、中古品は写真がきれいな物が圧倒的に売れます。スマホの画質などで仕方がない部分はあると思いますが、その他の外的要因 光は暗すぎないか?・商品の後ろの色はかぶってないか?・撮影時のレンズは綺麗か?などの対策でより良い状態の写真を撮ることが出来ると思いますよ。

裏技

「セドリ」という言葉を知っていますか?簡単に説明します。

例)スポーツシューズを検索したとき各サイトの平均的な落札価格はAサイトが1,500円 Bサイトが1,800円 Cサイトが2,000円 だったので一番安いAサイトで購入しました。そしてすぐにCサイトで同じように2,000円で売りました。そしたら500円の利益が出る。

という感じで、購入したものを転売によって利益を出すやり方です。

良く転バイヤーとか言いますがそれですね。

正確には送料や手数料が掛かってくるのでこのままという事はあまりありませんが・・・。

しかし、一時期、本やCDで非常に流行った記憶があります。今ではどうなんでしょうかね?

けれども、真剣にやっている方はサイト間で価格を比較して「セドリ」を行ってます。

それによって、月の収入は3~10万ぐらい幅は広いですがあるみたいです。

先ほど紹介した、オークファン何かが結構使えますので参考にしてください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする